駒澤零と記憶の記録

すきな音楽を紹介したり、日々の記録

探し物は何ですか

――まだまだ探す気ですか、それより僕と踊りませんか?

 

思考が停止すると、何もかもが億劫だ。

家に一人でいたい気分になる。でも予定はあるんだよね。

 

「あんまりに空が美しいから、今日は死にたくなっちゃうね」

ある時結構信頼してる友人にそう言ったらすごい怪訝な顔された。

私は本気だったんだけど。空がきれいだと飛び降りたくなる。

 

でも、そこで死なないのは引き止める何かがあるからだ。

例えば「生き残ったらこの服汚れてしまう…高かったのに…」とか

「あの人の唄をまだ聴いていないから死ねないよ」とか。

そこを踏み越える機会なんて幾らでもあったのに。

踏み越えずに来たのはまだ夢を信じていたかったからだろう。

 

向こう側の景色はまだ見えなくて、近づこうとして何度も傷ついて、

悟ったのは「来てみたはいいが、ここじゃないな」という事実だった。

結局何をするにもお金が必要で、私はまだちっぽけで無力で。

でも逆に言うとお金があって諦めさえしなければ結構何とかなる。気がする。

 

…私にとって音楽は甘い夢だ。

かなしいものを美しくするフィルター。世界を綺麗に見せるエフェクト。

それがなくてもきっと生きられるけど、それがないと心が枯れていくもの。

結局なんだかんだわたしは唯美主義だから、美しさがほしい。

それは見かけの話じゃなくて、魂の輝きとか、芸術に発現する”きらめき”とか、そういうものです。全然好みじゃない音楽に宿る色が美しいと感じる時もあるし、ゴミ溜めに落ちてた金属が妙に魅力的に思えた時もあった。目に見えるものや通念がすべてじゃない。一歩後ろから世界を見ないときらめきを見失ってしまうんだ。

 

ということで、今度こそ現実のおはなし。

わたしはしばらく発信することをお休みしようと思います。

勿論ライターの仕事はできる限り続けますし、メールやDMにはお返事しますけど。

ライヴもツイッターも当分おやすみかな。

まあツイ廃歴7年近くだからどこまで断てるかわかんないけど頑張る。

9月までは展示とか審査員の仕事とかあるから呟かなきゃだし、ね。

 

「好きなバンドがわたしのすべてだから、それ以外はいらない」

そんな私がそれすら擲つくらいに今は大事な時期なのです。

何かを好きでいるとき、常に愛を叫び続けなければ「好き」と名乗ってはいけない、なんてことはきっとなくて、それは資本主義の中で生まれてしまった歪んだ思考なのだ。

いいものにお金を落とすのは大事だけど、思考を停止したマリオネットになるのは絶対違う。あの人に出会ってそういうことを知れた。だから最前線にいなくても好きって言える。好きでいられる。愛ってそういうことじゃないの。わかんないけど。現実を沢山削ってめちゃくちゃ無理をして毎日愛を叫ばないとそれはファンじゃないってのはもう破綻してるよ。SNSに踊らされすぎ。たまにはチルな心で居ましょうよ。まあ強迫観念で絵上手くなったからあんまり文句も言えないけど。

…とかく頑張ります。強くなって帰ってくるよ。

 

全て終わったら、何か作ろうと思います。

できれば映画が撮りたい。撮ったことないけど。脚本を書こうか。

ああ、また演劇がやりたいなあ。今更なんだけど遅くはない筈だから

世界から遮断されたい

音信不通になってみたいと思ったことはありませんか。

夢について、将来について考えれば考えるほど、わたしが興味を持つことって「余計なことしかない」って親にいなされるのもわかるんですよ。でも一方で感情が消えてくのを感じます。

ぼうっとしてる時が増えて、音楽を聴いてるとき、絵を描いているとき以外死んだような目をしている。でも予定があるから仕方なく出かけたりします。

 

悩むことはいけないことなのかな。

悩みすぎて20年経ったけど。

対人恐怖症も大学進学と共に少しずつ落ち着いて、某バンドのライヴ通い詰めるようになって完全に完治した気がする。なんかメンタル強くなった。興味持ったらなんでもやってみようって気概だけは湧いてきたのよね。

まぁやってみることに伴って痛みも蓄積するわけで、以前より明確に鬱っぽくなる時期ができちゃって、そろそろ林檎じゃ効かなくなるんじゃないかって心配ですが。

こころがいたくて痛くてどうしようもなくなった時はリヨさんの歌が一番です。

7月末に本当にストレス溜め込んで爆発しそうになって、ソロでだいぶ癒されて今に至りますが。予定入れたら死にそうだし展示の製作もしなきゃなんで暫く引き籠ります。

 

世界に触れたくない時期なのだ。

世界を知らなければ何も得られないけど、でもたまには過去を旅するのもいいじゃないですか。

きみの瞳はネイビーブルー、ぼくを置いて宇宙を駆ける

絵を描いてると、頭がふわふわしてしまう。

会いたい人に会えるうちに会いに行った方がいいよ、とは言うけれど。

会いに行くばっかりに、自分を見失うのは一番だめなことです。

馬鹿みたいに忙しい夏になりそう。でもいいの。

 

横浜の夜に酔っていたのは、私も同じだったと思う。

私も私でおかしかった。余計なことをたくさん言っちゃった。そうして考えた。

どんなに強い心を持ってたって、傷つかないことなんてないのだ。

たとえ嘘だって、傷つく時は傷つく。目に見えないかすり傷がたくさんできて、それはいつかヒビになる。そういう歪みを、わたしは沢山見てきた。

だからダメなんだ。嘘をつくことは良くないけど、一方で、崩壊する怖さを感じる私がいるの。

まあ一番大切なものだけは守りたいっていう、わたしのエゴでしかないんだけどさ。

大事にしてきたって沢山のものが壊れてきたから、いつも怯えてしまうんだ。

ああ、でも少しくらいは甘えてもいいですか。

 

怖かった場所はいつの間にか帰る場所になったり。

色々な人のお陰でニコニコ笑えるようになったけどさ、それでもよくよく見るとわたしの本質は何も変わっていなくて。うまくいくこともあれば、行かないこともあります。それが人生!全部うまく行ったら面白くないから、それでいいの。

でも努力を怠ったらダメだよ。やりたいことを諦める必要はないけど、逃げるのはダメだと思う。頑張ります。

七夕ですね

今年も短冊は書いてません。願うなら何を願おうか?

 

昨日は久々に下北沢に行きました。ユニオンで見事に散財。

通りがかった古本屋で映画パンフレットを買ったり、そこそこ素敵な夜でした。

最近笑えないくらい金欠過ぎるんだよね。そろそろ引き籠ろう。

 

こんな夕暮れはイルリメのトリミングが聴きたい。

そうそう、昨日「360°SOUNDS」買ったんだ。

www.youtube.com

 

大好きな曲です。知ったのは最近だけど。センチメンタルが押し寄せてきて、たまらない。

 

ていうか最近ラップ聴くようになったな。流行っているからかしら。

ここのところは環ROYのフルコトブミがなかなか良かった。海外だと、ジヨンの新譜も聴いてる。あと口ロロと、group_inouが大好き。トマドのインタビューで名前知ってつべ見たら、そのままハマっちゃって。

 

なんかねー好きな音楽が一貫しないなあとか、思っちゃうけど、それもいいのかなー、とか。

眠気とたたかうスパイラル

ユートピアのPV、ありえんくらいカオルさんがかっこ良くないか。

皆フォトジェニックなのは重々知ってるけど。

 

www.youtube.com

 

地理オタクの父親が喜びそうなPVだなぁとか思いつつ見てた。マニさんの撮る映像ってどこか青みがかってて、好きなんだよね。クウチュウ戦だと16年リリースの作品は違うものの、ホモサピとか私の好きな青色が活きている。他バンドだと、ポルカドットスティングレイの「人魚」とかが顕著かも。

これだけ色んな場所で無人を撮ろうと思ったら、撮影大変だったろうな。個人的ハイライトはやっぱり病院のとこかな!色々考えちゃいましたね。マニさんの解釈、深読みすると楽しいです。零のイメージしてた曲の色とはかなり違う映像だったけど、これはこれで好き。

 

さて、7月はライヴもあまり行けなそうです。

何せ、テストとかやる事が山積みなのだ!昨年も昨年で大変でしたが、今年の夏は特に忙しくなりそう。頑張れるうちに頑張りたい。

 

とか言いつつキップ・ソーンの分厚い本とか借りてきちゃってるんだけどね。やることあんだろ、っていう。まぁ、完全に先日観た映画『コンタクト』の影響なんですが。

文系には進んだけど、なんだかんだ宇宙は好きなんだ。小学生の頃はよく多摩六都科学館に通い詰めてた。第一展示室の隅にあるニュートリノの展示と、宇宙ステーションのロボットアームを操作するゲームと、エッジワース・カイパーベルトが好きだった。(あと関係ないけど大のプランクトン好きでした)

宇宙はいつだってファンタジーで不可解で、常識が非常識だから心惹かれてしまう。夢と死が沢山詰まった場所だと思うの。

収拾つかないからこういう話はまた今度にします。おやすみなさい。

exPoP!!!!! volume98@Shibuya O-nest

f:id:mile0617:20170704174515j:image

eggsとCINRAの無料イベ。

先日のモノノアワレ死ぬほど気になってたから対バン嬉しかった。最前で踊る!って決めてたら本当に最前行けました。楽しかった!シュウケイさんの靴が素敵。

f:id:mile0617:20170704174918j:image

↑この靴です…

 

全然関係ないけどやっぱりノア・サーベトラに似てるよな。美形。

ただ一番好きなTo(gen)kyoと二番目に好きな井戸育ちをやってくれなかったのでまた行きたいです。

NEWWWのときは暗い曲がすき!って思ったけど覚えると明日晴れたらとかめちゃくちゃ楽しいよな。スルメ曲なんだ、きっと。

 

 

 

そしてさ!クウチュウ戦

予約一番多かったんだって!おめでとう!!

もう何もかもが壮観でした。

やっぱりこのバンドはこの熱気が似合うよ。だって、だってカッコ良いじゃん。うん。

柵持ちながら途中から泣きそうになってて、でも駄目だ〜〜と堪えながら観てた。ただ、ただ純粋にめちゃくちゃかっこよかった。

本当はね、私この日あんまりテンション高くなくてね、すごい元気がなかったんです。

でもそんなの関係なかった。脳が沸騰するような衝動に身体が突き動かされて。純粋にグルーヴを求めてたし、最高、って叫ばずにいられなかったし、何より美しかった。

 

そして、このバンドは絶対これから躍進してくんだろうな〜って確信した。

酔ってるとでもなんとでもいうがいい。最高で至高で唯一無二で、何にも変えられないなって、改めて心から思えたライヴだったんです。

 

p.s.

f:id:mile0617:20170704175746j:image

リヨさん勝手に撮ってごめんなさい。かわいい。

キノコホテル創業10周年記念大実演会@赤坂BLITZ

キノコホテルを初めて見たのは、3月の企画“戦慄の雛祭り”。14年頃から名前だけ知っていたものの、曲も特に好みではないからと特にマークもせず放置していました。

その認識は、ライヴを観て一変。女性しか居ないとは思えないような攻撃的なサウンド、刺激的なパフォーマンス。そしてフロントマン・マリアンヌ東雲のカリスマ性がすごい。LOFTの最前で支配人を仰ぎながら最後に思ったのは、「やばい、女だけど抱いてほしい」でした。

蕩け切った思考のまま、CDではなくチケットを購入。この体験をもう一度味わいたかった。その日所持金5000円だったのにね、やばいよね。

 

それから早3ヶ月。天馬ソロでジュリ島さんのベースやっぱり好きだな〜とか実感しつつも、音源も2枚ほどしか聴きこまないうちにライヴの日がやってきました。(音源では、どこか物足りなかったんです)

 

f:id:mile0617:20170704194909j:plain

 

前述の通り俄か中の俄かなので、ドレスコードも何もわからない。とりあえず赤だ!と思い、真っ赤なズボンを穿いていきました。

何故か、めちゃくちゃ目立ったらしい。

(待機列に入った瞬間、周りが一斉に振り返ったんです。びびった。)

 

場内は年齢層が比較的高く、ガールズ・バンドなだけあって男性が多かった。そりゃそうか。LOFTとの落差、及び久々の大きいハコに戸惑いを隠せない私はオドオドしながら中央に位置する柵のそばに行ったのでした。

すると横にいたイギリス人の男性から話しかけられた。どうやら彼も2回目だそう。

キノコホテルのファン層ってこんなに国際色強いの!?と戸惑いつつもライヴがスタートしたのでした。

 

f:id:mile0617:20170704214412j:plain

 

銃声とともにケメちゃん、ジュリ島さん、ファビさんが登場。息つく暇もなく、3人でセッション開始。あれ?支配人は?と思ってたら後方からカゴに乗って登場。柵にセクシーに跨りながら紫の花びらを投げてくださいます。歓声とそれに群がる人々。私も欲しかった。

 

ライヴはやっぱり攻撃的で刺激的で、アングラ感と古めかしさに満ちていた。大きいハコに響き渡るシンセは最高だったし、ジュリ島さんのベースがカッコいいよ〜〜ってめっちゃ思ってた。やっぱり低音フェチなんでしょうか?

 

今回は紫ベビードールというダンサーの方々がいらっしゃいました。ダンスがセクシー過ぎて始終ハラハラしていた。でもそこも含めて圧倒的「女」に満ちたステージで、なんかゾクゾクしました。支配人も3回ほどお着替えしてた。黄色のドレス、素敵だったなぁ。相変わらずセクシーで布面積が少ないのに、後ろが大きなリボンになってたりと少女性も感じられて、素敵な衣装だなって思いました。勿論威圧感とカリスマ性も健在ですよ。ステージ越しで距離が遠くてもわかる凄まじい魅力を放ってた。

 

途中、アーバンギャルドのけいさまもサポートで登場。女だらけのステージにすっかり馴染んでて笑いました。

アンコールでは初期デザインの赤い衣装で登場。もうさ、可愛いの!!!しかも私の大好きな真っ赤なゼリーをやってくださいました。柄にもなく黄色い歓声を上げてしまった。

 

 

f:id:mile0617:20170704214543j:plain

終演後、知り合ったイギリス人のおじさま達と4人でお食事に行きました。楽しかった。

色々彼女らの話とか聞けて、なかなか新鮮でした。

ディナーも含め、何だか不思議な時間を過ごした気がします。

改めて、10周年おめでとうございます💕