読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駒澤零と記憶の記録

すきな音楽を紹介したり、日々の記録

As logic stands you couldn't meet a man who's from the future

精神にがたが来ると絵を描くからわかりやすい。

そういう時の絵はいつだって青い。なぜだろう。

 

どこで選択を間違えたのか、それとも3/18から続いた異様なまでの明るさが単に躁状態でしかなくて、ネガティブなことがちらつく度「また暗くなりたくない」と抑えつけていたのが良くなかったのか。

なぜだかわからないけど今日はとても辛かった。せっかく昨日あんなに楽しかったのになあ。楽しすぎて何かが壊れてしまったのかもしれない。もともとふらついてたから。

 

今日はずっととある曲を聴いている。All We Have Is Nowという曲。

昨日のライヴ会場で流れていて、心惹かれてその場で調べた。

とても穏やかで、不思議で、優しい夢のような曲。大好き。

 

www.youtube.com

 

最初に聴いた時は歌詞を見ながら意味もなく号泣してしまった。

あまりに美しいうただったから。

そしてどこか、この理由のないかなしみに似ていたから。

 

夢は叶った時点で現実になっているようなもので、ゴールテープを切るような快感はない。

私のすきな、囁一さんの言葉だ。

じゃあこれは現実なんだろうか。いや、まだ見えてるから叶ってなんかないな。

ああ、夢が何なのか、よくわからなくなってしまった。

 

理想はたくさんある。

でもその理想を叶えることは、今まで信じてきた幻想を壊すことなのかもしれない。

そんな風に、思ってしまう。進むのが怖くなった。少しだけ。

 

----

 

理論的にはきっと出会うことがなかった、僕らはそんな偶然のなかを生きているんだ。

なーんて、歌詞を聞いてると思ってしまうんですよ。

だって、出会いさえしなければ、好転しなかったこともたくさんあるけど、

一度の小さなきっかけで、人生まるっきり変わってしまうことだってあるんだから。

例えば雅子さまみたく。そこまで激しくないかもだけど。

 

f:id:mile0617:20170422221824j:plain

 

この絵は心の赴くままに書いたのでそんな思いを込めましたとか言っても嘘になるな。

誰かの影ばかり追い求めてもその人にはなれないんだよ。って絵。

 

昨日のライブレポは長くなりそうなのでもう少しきちんとまとまってから上げます。

気分沈んでるの、本当に昨日のせいじゃないんだけどなあ。

自分でもよくわかんないです。時々来るから。はあ、参っちゃう。