読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駒澤零と記憶の記録

すきな音楽を紹介したり、日々の記録

きみがいないことは

きみがいないことは きみがいることだな。

一見すると訳がわからない歌詞だ。何を言ってるんだ、ってなる。
大事なものはいつも、失ってから気づくのよ。

 

youtu.be

 

サニーデイ・サービスとの出会いはこの曲だった。
友達の口とかメディアとか長いこと名前だけ聞いたことあったけど、実は聴いたことなくて。YouTubeでこの曲を聴いてあっさり陥落。早かった。

他にもセツナとか苺畑でつかまえてとか好きだけど(結局DANCE TO YOUが好きなんだよね)、この曲の破壊力には負けるかな。
そのくらい、純粋に、いい。

 

 


きみを知らないことは、きみを知ることだな。

 

相手を知らないことを、これから段々知れることだとポジティヴに解釈する「僕」は、浮かれてるのか元々の性格なのか。どっちにしろ素敵な考え方だと思う。

<あの娘を連れて来い>とか強引な言い方するし、きっとこの男は調子に乗ってるくらいの、少し自意識過剰なやつなのだ。連れてくるんじゃなくてお前が行けよ。でも、それがいい。

春の熱に浮かされて、ふわふわと舞うような歌詞。
でも歌はとてもセンチメンタル。ちょっと切ない。
だから強めな歌詞ですら少し虚勢に聞こえて、悲しくなって、苦い思いを掠め取っていく。

優しくなんてできないな。でも好きだ。
ごめんね、ごめんなさい。

コーヒーカップに砂糖を沈めるように、たくさんの感情を歌に重ねてしまう。
だから多分これは名曲なのだと思う。PVはあんまり好みじゃなかったけど。

 

春。わたしの嫌いな季節。
毎年つらくなって絵ばかり描いてる季節。

わたしは冬が好きだ。閉ざされるような刺す冷たさと、美しい星空が好きだ。夏は嫌い。暑いと大体体調を崩すし。誕生日以外、良いことがない。

 

春に君を想うこの歌は、凄く浮かれてるくせに、何故か、叶わない恋の気がするって思えてしまう。なぜだろう。変な感覚。

 

春は切ないんだ。いつだって好きなものを失って、新しく出会えたものさえ、いずれ失って儚いものと知る。でも少しくらい、信じてみてもいいのかな。

信じることは怖いことだ。でも、最初の一歩でもある。

 

そんな風に思案する、春の昼下がりなのでした