駒澤零と記憶の記録

すきな音楽を紹介したり、日々の記録

誰のせいでもないんだよ

www.youtube.com

 

「ing」という曲がある。

 

ある日の午後。別に何があったわけでもないけど、泣きそうな気分を抱えていた時。
フロアで流れていたこの曲に、心を奪われた。
SoundHoundで速攻検索して、髭というバンドと知る。

 

 

第一印象。すごい曲に出会ってしまったと思った。

髭のことは周りに勧められたりで名前だけ知ってたけど、もっとコミック的というか、それこそヤバTとか岡崎体育とかみたいな方向性だと勝手に思ってたのね。
聴いてみたら全然違った。どちらかというとくるりとかのが近そう。

YouTubeのはライブ動画だから結構印象が違うけど、本当に名曲です。いつか生でも聴きたい。

サビ部分の歌詞を引用するね。

 

今は今を生きよう

誰のせいでもないんだよ

今は今を信じよう

君と見た この眺めを

 

すごい、疑い深くなってた時なんですよ。この曲に出会ったの。
信じてた人がどんどん遠くなって、そのせいで誰のことも穿った目で見てしまって。
でも何かに熱中したり、突き進む時って、孤独なんです。だから人が離れていくことも、一方で出会えることもある。

この曲は、そんな中でも「今」を生きていけ、って諭すように歌う。

 

大体気持ちが沈んだときに繰り返し聴いてる曲って、癒しであるとともに悪夢のように頭から離れないことが多いんだけど、この曲は全然違う。
もう、どこまで行っても癒しの音。
冒頭の言葉遊びのリフレインもただただ心地いいし、優しく耳を撫でるサビもそう。
基本的にわたくし、夢を観させてくれるような感覚的な楽曲が好きなんですが、この曲はただの夢で終わらない。あえて言うなら、何もかもを包み込むような、愛で満たされていると思う。
だからこんなに救われるんだと思うの。

 

----

 

p.s.(蛇足中の蛇足)

髭といえば、先日アルバム『すげーすげー』が発売されたね。
周りが「いいよ」「いいよ」って言うからとりあえずタワレコに試聴しに行った。

なるほど、とても良かった。
「スターマイン」「DEVIL'S ODD EYE」が特にお気に入り。こんな名前のバンドだしアルバムタイトルもちょっとふざけてるけど、楽曲はファンクなだけじゃなくて、時にセンチメンタルで、かっこいい。
特にギターがいいなあ。「TOMATO」の暴れ方とかね。
毎日Apple Musicで聴かせていただいております。(金欠)