駒澤零と記憶の記録

すきな音楽を紹介したり、日々の記録

眠気とたたかうスパイラル

ユートピアのPV、ありえんくらいカオルさんがかっこ良くないか。

皆フォトジェニックなのは重々知ってるけど。

 

www.youtube.com

 

地理オタクの父親が喜びそうなPVだなぁとか思いつつ見てた。マニさんの撮る映像ってどこか青みがかってて、好きなんだよね。クウチュウ戦だと16年リリースの作品は違うものの、ホモサピとか私の好きな青色が活きている。他バンドだと、ポルカドットスティングレイの「人魚」とかが顕著かも。

これだけ色んな場所で無人を撮ろうと思ったら、撮影大変だったろうな。個人的ハイライトはやっぱり病院のとこかな!色々考えちゃいましたね。マニさんの解釈、深読みすると楽しいです。零のイメージしてた曲の色とはかなり違う映像だったけど、これはこれで好き。

 

さて、7月はライヴもあまり行けなそうです。

何せ、テストとかやる事が山積みなのだ!昨年も昨年で大変でしたが、今年の夏は特に忙しくなりそう。頑張れるうちに頑張りたい。

 

とか言いつつキップ・ソーンの分厚い本とか借りてきちゃってるんだけどね。やることあんだろ、っていう。まぁ、完全に先日観た映画『コンタクト』の影響なんですが。

文系には進んだけど、なんだかんだ宇宙は好きなんだ。小学生の頃はよく多摩六都科学館に通い詰めてた。第一展示室の隅にあるニュートリノの展示と、宇宙ステーションのロボットアームを操作するゲームと、エッジワース・カイパーベルトが好きだった。(あと関係ないけど大のプランクトン好きでした)

宇宙はいつだってファンタジーで不可解で、常識が非常識だから心惹かれてしまう。夢と死が沢山詰まった場所だと思うの。

収拾つかないからこういう話はまた今度にします。おやすみなさい。